2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.23 (Wed)

もこちゃん、里親様決定!

しばらく間隔があきました。申し訳ありません。

7月13日は瑞穂区にてアイラの会さま主催の譲渡会でした。
20140723もこ01
緊張するもこちゃん。

20140723もこ02
時間が経ったら少しだけリラックスしてました。

この日はあいにくとご縁はなかったのですが、別ルートで里親さまの申し出がありトライアルが決定しました。
もこちゃんのワクチン接種や右目の治療および双方の都合により実際のトライアル開始は9月となりました。
無事にもこちゃんが卒業するまでがんばります!

つくねと舐めあってるもこちゃん。
20140723つくもこ
の写真を撮ろうとしたらカメラを構えた途端、真顔になってカメラ目線に。
ジャマしちゃってごめんよぅ。

こげともこちゃんの間は少しだけ進展しました。
時々もこちゃんが「遊ぼうよ」と誘うようになっています。
こげは相変わらずスルーでもこちゃんがしつこくすると面倒そうに動かないまま手でちょいちょいと遊んでます。
20140723こげもこ
白目をむいて寝る男・こげ。


話は変わりまして、知人から長野県の動物虐待事件の情報拡散の依頼がありました。
以下コピペです。


長野県で猫の虐待事件がありました。
このような事件の重大さを知らしめ厳罰に処するために
下記のサイトで賛同者を募集しています。
再犯や模倣犯の防止のためにも司法に事態を重く考えてほしいと思っています。
下記のリンクから入れますので、是非記事もあげていただけないでしょうか?

「長野県警察本部、大​町警察署:
自ら 猫を川で溺死させる動​画を生配信した男性に 厳罰処分を!」
に賛同をお願いします​!

賛同、拡散してください。  
サイト

※TOPに残虐なシーンを撮影した動画があります。
 閲覧には十分ご注意下さい。


応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

19:53  |  一時預かり・もこちゃん  |  TrackBack(0)  |  Comment(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

もこちゃんとつくねちゃんが気になるんだけど、
白目むいて寝るこげおぢさんがもっと気になる・・(笑)

我が家も股をぱ~ッと開いてさらに白目むいて寝る(一応)乙女のハナちゃんがいます・・(笑)
しいたけ |  2014年07月28日(月) 17:37 |  URL |  【コメント編集】

●Re: タイトルなし しいたけさま

ハナちゃん、乙女なのにお股ぱっかーで白目なんですね。
うちはつくねが股を広げてあおむけ寝なので、こげとつくねの特徴を備えたハナちゃんをちょっと見てみたいです(笑)
もげ子 |  2014年08月09日(土) 03:59 |  URL |  【コメント編集】

●Re: 初めまして もふもふファンさま

はじめまして、鍵付きコメントをありがとうございます。
もこちゃんは最近すっかりお転婆さんで3段ケージを外側から登っております。

また、動画の問題についてのご意見もありがとうございました。
アドレスがなかったためこちらでの答えでお許しください。
ここで猫を保護している身としてはとても非常識なことを申し上げます。

投稿主のネット中継が自分がこうむった被害を明らかにした上で捕獲した猫を保健所に持ち込む内容だったらば、仮に罰を求めるサイトが立ち上がったとしても私個人としては賛同をしないし、ブログ上で紹介もしなかったと断言できます。

古民家や畑は個人でやれる侵入対策にも限界がありますので被害を悩む人が野良猫を捕まえて保健所に引き渡し、結果として猫が処分されるのは仕方がないと思っています。
部屋や畑をめちゃくちゃにするのは規模にもよるでしょうが生活に支障がでるレベルならば住んでる人間にとって処分はやむを得ない選択でしょう。
保健所も被害を出す野良猫を持ち込まれたら受け取り拒否をすることはできません。

私が問題視したのは投稿主が私刑ともいうべき残虐な行動をネットで生中継したことです。
猫に困っていたからといって保健所に相談もせずに生きたまま川に沈めるという行為をネット中継し、非難するコメントに対して煽ったりキレたりする必要性はどこにあったのでしょうか?
必要性はどこにもないと思っています。
上記で触れたとおり、保健所に持ち込み行政に任せるべきなのではないでしょうか。(ガスによる窒息死にも問題はありますがここでは省きます)

ですからこのようなことをする人間が今後現れないよう、抑止力になるよう願いを込めてサイトを紹介しました。
私の考えは以上です。

※厳罰希望のサイトの掲載依頼は7月12~15日にかけて複数の知人から受けました。
自分なりに報道を複数調べたのちに、実際に保健所に野良猫の相談に対してどういった対処をしているのかお聞きした上で23日に掲載を決めたものです。
安易に掲載したものではないことをご理解頂けたら幸いです。
もげ子 |  2014年08月09日(土) 06:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kogecat.blog.fc2.com/tb.php/70-be022e77

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。